初めてセッションを受けますが、セッションの流れはどんな感じですか?

初めての方には、ぜひ対面式またはスカイプによるセッションをおすすめします。セッション中に用語の説明がたくさんありますので、少し多めにお時間をいただければと思います。初回は直接会うことができなくても、もちろんセッション可能です。その際は遠隔セッションをするために必要な基本情報をあらかじめ頂きます。

セッションを受ける際に、ベッドに横になったり、質問されそうなことの答えを準備したりする必要はありません。リラックスして、ゆったりと椅子にお座り頂くだけ十分です。手順としては、私が代理となって、筋力反射テストを行いながら潜在意識にアクセスしてどんどん質問をしていきます。特定したネガティブエネルギーをリリースするには、背中を磁石または素手でなぞるだけです。途中で潜在意識に質問したいことがあれば、ご自由に聞いてください!

一応セッションを始められる前に、こちらのご注意も併せてお読みいただけますよう、お願いいたします。

このセラピーは安全ですか?

はい!安全です。大人はもちろん、乳幼児、妊婦さん、年配の方や入院患者さんにも安全に行われております。大切なペットにも。同時に他の代替療法や医療行為を受けていても、その効力を妨げることはありません。

何に効きますか?

参考までにこれまで経験した症例を挙げますと:虐待後遺障害、パニック障害、ストレス障害、不安障害、自己嫌悪感、自信喪失、鬱、ADHD、自閉症、夜尿症、発熱、じんましん、喘息、癌、ALS、帯状疱疹、軽度の感染症、胸痛、腰痛、関節痛、偏頭痛、顎関節症、つわり、などがあります。終末期疾患の場合はともかく、多くのクライアントさんはセッション後、何らかの改善が見られたと報告されます。

副作用はありますか?

副作用というほどの強いものではありませんが、中には次のような好転反応を示す方がいらっしゃいます:眠気、喉の渇き、情緒不安定、寝付きの悪さ、風邪っぽさ、体のだるさなど。これらの反応は1~2日で無くなりますので、心配される必要はありません。ほとんどの方は、セッションが終わると気分が良くなり、好転反応があっても非常にマイルドです。

当日風邪をひいてしまいましたが、セッションの妨げになりますか?

風邪を引いてしまったとしても、会話するのが苦痛でない程度なら、セッションは可能です。セッションを利用して風邪の原因を探り、治すお手伝いもできます。だけどあまりにも具合が悪くて会えない場合は、他の日に変更するか、ご希望であれば遠隔式でセッションを行い、結果をレポートでお知らせすることもできます。

遠隔式と対面式では、その効果に何か違いはありますか?

全くありません! 対面式・スカイプ・電話・メール、どの方法を利用しても、セッションの効果は同じです。病気で会話ができない、遠方に住んでいて会えない、小さいから長時間座っていられない、などの方にも問題なくセッションを受けて頂けます。

セッション後、何か注意することはありますか?

きれいな水をたくさん飲み、健康に良いものを食べ、休養が必要なら無理せずお休みされることをお勧めします。体にとって良いことをするように心がけましょう。そして体の声に耳を傾けて、どのような変化が起きているのか注意してみてください。どんな些細なことでもいいのです。もし何の変化も感じられなくても、がっかりしないでください。皆さんそれぞれ違うペースで反応しますし、セッション中に取り除いたネガティブなエネルギーは絶対にぶり返しません。ご安心ください。

問題が解決するまで、どのくらい時間がかかりますか?

こればかりは一概に申し上げられません...本当に千差万別です。個人的な考えですが、セッションをお受けになる際、「姿勢」がご自分の癒しにとても重要な役割を果たすのではないかと思います。このセラピーは受け身になってセッションを進めるのはとても簡単なことです。だけど、要らないものを手放して「良くなりたい!」という意志をしっかり持つと、セッションの内容も変わりますし、必要としている転機も訪れやすくなる例を何度も目の当たりにしました。せっかくエモーションコード/ボディコードを始めるのであれば、ぜひご自分の気持ちを確認されることをお勧めいたします!

セッション可能な時間を教えてください

下記の時間帯にセッションを受け付けております。どうかご了承ください。

  • 午前9時~午後5時(シンガポール時間)
  • 土日・シンガポールの祝日休み
  • 全てのセッション(対面、スカイプ、電話、メール)対象

エモーションコードまたはボディコードについて詳しく知りたい方は、公式サイトへどうぞ:www.drbradleynelson.com または www.healerslibrary.com