選択理論・リアリティーセラピー

人間関係や個人的な問題でお悩みなら、理解を深めるために、選択理論の教えに基づいたディスカッションをしませんか。

選択理論とは何ですか?

アメリカの故ウィリアムグラッサー博士が提唱する心理学で、私たちがなぜ・どのように行動するのかを説明するものです。選択理論によると、私たちは皆、5つの基本的欲求を持っており、それを満たすために常に行動を起こしています。そのニーズを満たすにあたり、お互いに衝突したり、自分の中で葛藤が起きたりしますが、その主たる原因は外的コントロールです。この外的コントロールが働いている限り、私たちは不満や不幸感から抜け出すことはできません。選択理論は、私たちがいかにして外からコントロールされ、何が行動の動機になっているのかを明確にしてくれます。

リアリティーセラピーとは何ですか?

選択理論に基づいたカウンセリング療法です。どうすればもっと内的コントロールを培って、よりよい行動を選択をして、思い通りの人生を歩めるようになれるかを模索して行きます。リアリティーセラピーは、何を求めているのか・そのために何をしているのか・それが効果的なのかを振り返り、求めているものを手に入れるためには何をすればいいのか、プラン立てもして行きます。簡単に言えば、リアリティーセラピーはライフスキルを身に付けることと同じです。

選択理論とリアリティーセラピーの違いは何ですか?

選択理論を地図に例えるなら、リアリティーセラピーは車です。リアリティーセラピーは、地図を上手にナビゲーション出来るように、車の運転の仕方を教えてくれます。

リアリティーセラピーと他のカウンセリング療法やコーチングとの違いは何ですか?

リアリティーセラピーは、過去を振り返るよりも今現在そして未来に焦点を当て、行動を分析するより行動を起こすことに重点を置きます。それは、過去や自分を顧みるのは無用だという意味ではありません。ただ、過去に起きたことは変えられないので、今から変えられることに意識を向けることが大切なのです。自分で自分の人生に責任を持ち、より効果的な行動を取ることにフォーカスする点においては、コーチングに大変似ていると言えるでしょう。

どういう場合にリアリティーセラピーは必要ですか?

現在ある状況が改善せずとても不満を感じていて、どうしてそうなってしまったのか理解を深めたいなら、リアリティーセラピーによるディスカッションをすることをお勧めします。

ご質問やご予約はこちらからどうぞ